感染症といっても様々な感染経路があります。接触感染や飛沫感染、経口感染、血液感染など恐ろしいウイルスがあります。当サイトでは感染しないための予防方法や治療方法など詳しくご紹介していきます。

性病のような感染症と治療法

近年ではエボラウイルスのような感染症の病気が世界を恐怖に陥れました。エボラウイルスの場合、有効なワクチンも治療法もなく、多くの犠牲者を出すことになってしまいました。しかし、性病のような感染症はある程度は予防も治療もできます。
性病は怖いもので、様々な病気のリスクをもたらしてしまいます。例えばクラミジアに感染し、放置したために、肝臓や腎臓が炎症を起こしてしまうこともありますし、HIVのような死につながりかねない根治のできない病気に感染する可能性もあります。
これは何も自分だけの問題ではなく、大切なパートナーを初めとする家族も巻き込んでしまう恐れがあります。大切な家族につらく、悲しい思いをさせないためにも性病のような病気は、感染した場合、しっかりと治療しなければなりません。
性病には、クラミジアや淋病など様々な種類がありますが、いずれも基本的な治療法は抗生物質の投与などによる薬物治療になります。医師が感染症に合わせ、適切な薬を処方するので、指示に従い、しっかりと決められた期間、薬を飲み続けなければなりません。
勝手な判断で、例えばクラミジアのような感染症の場合、尿道から膿みがでますが、膿がでなくなったからといって、薬を飲むことをやめてはいけません。性病は症状が改善したところでやめては何の意味もないので、医師が完治したと判断するまでは、必ず医師の指示に従わなければなりません。また、性病が治っていないうちは性交渉をしないというのも重要なことです。
性病のような感染症にならないためには、不特定多数の人と性交渉をしないことや、避妊具を使用することなどは当り前のことで、それでも感染してしまった場合は、医師が提示した治療法に従い、完治まで粘り強く治療に取り組む必要があります。