感染症といっても様々な感染経路があります。接触感染や飛沫感染、経口感染、血液感染など恐ろしいウイルスがあります。当サイトでは感染しないための予防方法や治療方法など詳しくご紹介していきます。

感染症の治療、点滴で回復

世の中で感染する病気はどのくらいあるのか、考えただけで気が遠くなります。毎年新しい感染症が生まれているなかで、必ず流行するのがインフルエンザです。毎年インフルエンザが流行る11月頃からは、病院が感染症の人で埋まってしまいます。
感染しやすい場所は、人ごみや、学校などの集団生活の場です。一人の咳から始まり、学級閉鎖にまでなります。感染してしまうと、幼い子なら、高熱から脱水になり点滴治療をしなければいけません。痙攣を起こす子もいます。脳がインフルエンザ菌に刺激されているのです。どちらもひどいようなら、入院します。
薬が効くと回復も早いので、すぐに食べられるようになります。インフルエンザ感染症は、高熱のせいで薬を吐いてしまう時は、点滴に直接薬を入れて治療するものもあります。子供は、なかなか熱がある時は、薬を上手に飲むことができません。吐いてしまったり、飲みたくないと、口を開けてくれなかったりします。点滴に薬を入れる治療は、食べられない子には、すごく強い味方です。どうしても熱があると、大人でも、吐き気やめまいがひどくて、もうろうとします。
感染症は、他に、ノロウイルスがあります。感染率は高く、インフルエンザ同様、子供から大人までうつります。うつると嘔吐、下痢の繰り返しです。嘔吐と下痢ですので、脱水になりやすいです。水分をしっかりとらないといけません。しかし、水分もとれず、吐くものもないのに嘔吐が続いている時は、点滴になります。
点滴を通して体に直接ブドウ糖を入れければ、低血糖になり、ひどい時は意識がなくなってしまいます。嘔吐と下痢の症状がある場合は、早めの受診をしなくてはいけません。薬はないですが、医師の指示で点滴をしてもらえると安心ですし回復も早くなります。