感染症といっても様々な感染経路があります。接触感染や飛沫感染、経口感染、血液感染など恐ろしいウイルスがあります。当サイトでは感染しないための予防方法や治療方法など詳しくご紹介していきます。

風俗に行っていなくても発症する感染症の性クラミジア

感染症の性クラミジアは、日本で最も感染症の数が多いと言われている性感染症の中の一つです。
これまでは吉原などのお店に出入りすることの多い男性が中心となり広まっていたものの、近年では低年齢化が進んでいます。
感染症の数は100万人を超えており行為を経験したことのある高校生を対象とし調査をした結果女性が13%で男性が7%感染しているという結果があるほどです。
性クラミジアは様々な行為による感染が考えられるものの、病原体のウイルスにより感染するということは明確になっています。
性クラミジアが最も感染症の数が多いのは気付きにくい症状であるという特徴が関係しているとされています。
症状に気付きにくいが故に、自分でも知らないうちに相手に移してしまうのです。
男性に起こる症状としては尿道や喉に痛みを感じる場合があり熱を出すこともあります。
そして、体液に血液が混ざることもあります。
しかし、上述したように症状がわかりにくいため放置してしまうと前立腺炎になる恐れがあります。
また、以前は吉原で働いている女性以外は発症することが少なかったものの近年では一般的になってきています。
女性の場合は、デリケートゾーンの入り口部分が感染経路の初めとされており骨盤にまで広がるとされています。
女性の場合は放置しておくと不妊の要因になることもあるため少々の変化や違和感を覚えた場合は検査することが大切です。
ところが女性は男性よりも症状に気付きにくいとされています。
その割合は高く、感染していても半数の方が感じないとされているほどです。
そして、性クラミジアは他の感染症に比べるとさらに別の感染症にかかってしまう可能性が3倍から5倍にもなるため少しでも様子が違うと感じた場合は吉原の医院で検査することが大切なのです。