GPS, IT・通信関連, 子供

防犯の目的で役立つ子供のGPS

小さな子供を狙った犯罪が増加していることから、GPSを持たせる家庭が増えています。持たせておくことで万が一の事態を防ぐことができるので、検討する価値は大いにあると言えるでしょう。なぜGPSを子供に持たせることが有効なのかと言うと、居場所を簡単に特定することができるからです。子供に持たせたGPSからは電波が常時発信され、宇宙にある衛星を通じて現在地の測位情報を瞬時に入手することができます。

これをスマートフォンやパソコンなどで表示することで、今どこにいるのか地図上で視覚的に表示できる仕組みです。何も持たせていない場合にはどこにいるのか見当がまったくつかないかと思いますが、子供にGPSを持たせておけばそうした苦労はしなくても済むというわけです。端末がコンパクトに作られているため持たせやすいのも魅力の一つといえるでしょう。もし大型の装置ともなると持たせるのはかなり難しくなりますし、個人情報がたくさん詰まった携帯電話を渡すのも何かと面倒です。

特に小中学校では携帯電話を学校に持ってくることが禁止されていることも多く、いくら防犯上のためとはいえルールを捻じ曲げてまで持たせるわけにはいきません。一方でこの装置ならば防犯目的でしか扱うことができないため、学校にも理解されやすいものとなっています。余計な電波も発信しませんし、電話がかかってきたことで着信音を周囲に鳴り響かせることもありません。このように迷惑をかける心配がないことからも、子供にはGPSを持たせるのが最適と考えられます。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です