GPS, IT・通信関連, 子供

子供にGPSを持たせる理由

子供は平気で外に出ていってしまいますし、遊びのつもりでも大人から見ると危険なことをしているものです。子供の現在地を知る方法として、GPSを持たせることが検討されていますが、わざわざGPSを持たせて子供の場所を常に見張っていなければならないのかと疑問に思う声もあります。学校へ行く時はもちろんですし、帰宅の際やその後に行く習い事や遊びにおいて、日が暮れて行くにつれ心配が増すことは当然でしょう。不審者が絶対にいないとは言い切れなく、日本だからといって安心できる問題ではありません。

昔ならGPSが無くても、近所のおばさんやおじさんが見守ってくれている雰囲気があったことは確かです。実際にGPSを子供に持たせるとして、どんな形態のものを選ぶかという話になります。位置情報を確認したり、どこに行ったのかわからなくなった場合には、行動の履歴がわかることが大切でしょう。または、GPSの電源がすぐに切れてしまっては意味がないですし、電波状態が悪くて使えない場所があれば効果は激減します。

子供に持たせるにしても、ケータイのような形だと置き忘れてしまうことがあり得ますし、落として壊さないかということや、関係ない機能がついていては逆に不安になることも。現在地を確実に知ることと、常に機能しながらも離さず持っていることができるものという条件が必要になります。丈夫さや通電時間の長さを考えると、ケータイのような多機能タイプではなく、キーホルダーや埋め込み式のものを検討したら良いです。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です