プラズマクリーナーは製品の品質を向上させます

物質にエネルギーを与え続けると固体から液体、気体へと変化することは広く知られています。さらに過剰なエネルギーを与え続けると、気体の分子から原子が離れ最終的にイオンと電子に分かれます。分子がプラス電荷のイオンとマイナス電荷の電子に分かれた状態がプラズマです。プラズマは物質の第4の状態とも呼ばれており、自然界には太陽やオーロラなどがあります。

過剰なエネルギーによって発生した原子やイオンを使うと、精密機器に付着している細かな汚れを取り除くことができます。半導体や電子機器、レンズなどを製造する過程では有機物や無機物による細かな汚れが生じます。放置すると品質劣化の原因となるので、何度も洗浄作業を行って取り除かなければなりません。精密機器に付着した細かな汚れを除去する方法にはウェット洗浄とドライ洗浄の2種類があります。

ドライ洗浄はウェット洗浄のように薬液を使用しないため、後から洗い流して乾燥させる工程が不要です。装置を上手く扱うには知識と経験が必要になりますが、コストを抑えて効率的に汚れを取り除くことができます。プラズマクリーナーはドライ洗浄によって細かな汚れを除去する装置です。主に酸素ガスを導入するタイプとアルゴンガスを導入するタイプがあります。

前者は高周波電力によって酸素分子から離れた原子が、有機物と化学反応を起こして水分子と二酸化炭素に変えます。後者は加速したアルゴンイオンを有機物や無機物に衝突させ、物理的に弾き飛ばします。プラズマクリーナーは処理方式によって対応可能な汚れが異なります。最適なタイプのプラズマクリーナーを使うと効率的に製品の品質を向上させることができます。

プラズマクリーナーのことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です