プラズマクリーナーは優れもの

水も洗浄剤も溶剤も使用せずに汚れを強力に落とすことができるプラズマクリーナーは、それだけで十分に優れものだといえます。水を使う洗浄は、細かなスキマなども汚れを押し出して綺麗にできるので、幅広く製造の現場などで活用されています。ところが、半導体のように不純物を嫌う製造の場合は、純水でなければ洗浄に使用できないです。更に乾燥の工程が増えることになるので、コストが無視できませんし、製造効率の足かせになるのは否めないところです。

洗浄剤は純水のみによる洗浄と比べて、すすぎの工程が1つ増えますから、より手間とコストが掛かることになります。溶剤は揮発して殆ど何も残しませんから、一見すると水や洗浄剤よりも扱いやすいイメージですが、実際には使える素材が限られたり洗浄力が足りないこともあります。プラズマクリーナーは対象物の表面の洗浄に限られるものの、水を使わないので乾燥不要ですし、洗浄剤のすすぎにあたる工程も必要ないのが強みです。溶剤と違って素材を選びにくく、それでいて洗浄力は強力ですから、非常に理想的なクリーニング方法です。

プラズマクリーナーは、分類的にはいわゆるドライ洗浄で、水分の付着が腐食の原因になる金属の洗浄にも向いています。サビ汚れすら強力に落としきって表面をピカピカにしますから、プラズマクリーナーの洗浄力に疑う余地はありませんし、研磨や薬剤を用いる方法よりも安全なので、金属の洗浄に悩んだらプラズマクリーナーの検討をおすすめします。プラズマクリーナーのことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です