プラズマクリーナーを上手に利用するコツ

プラズマクリーナーを利用して様々な機器の洗浄を行う場合には、その効果を十分に知ることが大切です。静電気の効果によって表面の細かな不純物を除去し、綺麗な状態にすることができると考えている人が多いのですが、実際には表面を傷つけてしまうといった作用もあるため、この点を充分に認識することが大切です。近年プラズマクリーナーが最も効果的に利用されているのは、電子機器に使用される基板の部品搭載前の洗浄です。この工程は単純に表面をきれいにするだけではなく、汚れを取り除き表面を適度に傷つけることが主な目的となっています。

表面を傷つけることでその表面積を増やし、部品の接着力を高める効果を持っていることから、適切に行わないと部品の脱落等が発生し、故障の原因となることが少なくありません。従来はこれらの工程を手作業で行っていたため、その作業のムラによって製品の歩留まりが向上しないといった問題がありましたが、プラズマクリーナーを利用することによりこの状態を均一化することが可能となりました。プラズマクリーナーは、電圧の設定によってその効果を制御することができるのがポイントです。表面の汚れだけを除去し傷つけたくない場合には電圧を低く設定することでその効果を得ることができます。

この原理を知っておくと、様々なものに応用することができるため、現在では基板洗浄だけではなく、機器の洗浄にも効果的に使用されているのが実態です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です