水を使わず洗浄コストを抑えるならプラズマクリーナー

洗浄というと一般的には水がイメージされますが、製造加工の現場においては水がご法度だったり、水を使いたくないケースが少なくないです。理由はいくつかありますが、1つは水によって腐食が発生する金属が対象なこと、もう1つは乾燥工程が増えるのを嫌うことです。金属は一見して明らかなサビが発生していなくても、表面を酸化被膜が覆っていることがあります。プラズマクリーナーはサビの原因になる水が必要ないばかりか、酸化皮膜の除去にも活躍しますから、水不要の洗浄方法として注目を集めます。

酸化被膜と一緒に表面に付着している汚れ、油膜なども除去できるので、複数の汚れの除去に複数の工程が必要なくなります。プラズマクリーナーは水ばかりか洗剤も不要になるので、乾燥だけでなくすすぎの工程も要りませんし、結果として洗浄工程の効率がアップして時間の短縮に繋がります。工程が早く終わるということは、大量に洗浄するものがあっても余裕を持って対応したり、コストが抑えられることを意味します。洗剤のコストが浮きますし、すすいだ後に洗剤を回収したり処理することもないですから、プラズマクリーナーはコストを削減する目的においても合理的です。

プラズマクリーナーの良いところは、環境に与える負荷も減らせることにあって、まさに現代で求められる条件を兼ね備えています。省エネで環境負荷の低減にも繋がるプラズマクリーナーは、現代の製造分野を支えるなくてはならない存在です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です