プラズマクリーナーのメリット

プラズマクリーナーは日本の製造業界などに導入され、すでに活躍しているものです。特に半導体を扱う分野で重宝されており、主に有機物の除去を担当しています。プラズマクリーナーはプラズマの性質を利用したもので、プラズマは「物質の第4の状態」と呼ばれているのです。「第4の状態」であるプラズマは物質として安定しておらず、何かと反応することで安定しようとします。

その結果、有機物と結びついたり化学反応を引き起こすことになるのです。プラズマクリーナーのプラズマは、中性であることも大切なポイントと言えます。だからこそさまざまな物質と反応することが出来る上に、化学反応を引き起こしても水や二酸化炭素を発生させるだけに留まるのです。半導体の分野では極小のパーツを取り扱います。

その上、それらにゴミが付着しては効果を十分に得られないことから、洗浄のプロセスが非常に大切なのです。プラズマクリーナーなら、半導体に付着したゴミや有機物にすぐ反応し、除去することが出来ます。反応したあとも有害な物質を生み出すことがないので、安心して使える点も魅力です。プラズマクリーナーを使用して表面処理を行えば、接着剤やコーティングの密度もぐっと高まります。

有機的な汚れが除去された状態なので、物質の間の密着度が高まるのです。こうした特性から表面処理の分野でもプラズマは活躍しています。将来的には半導体分野だけではなく、医療現場や製造業の現場でも広く取り入れられるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です