• 美肌のために摂りたいビタミンランキング

    美しく輝く肌のためにスキンケアだけでなく内側からのケアとして摂っておきたいビタミンをランキングでご紹介します。

    ランキング第5位は「A」。
    皮膚や粘膜の健康を保つ働きなどを持ち、緑黄食野菜に含まれて体内でビタミンAに変換されるベータカロテンには抗酸化作用があることも報告されています。


    モロヘイヤ、にんじん、ほうれんそうなどに多く含まれています。

    ビタミンのランキングを詳しく調べるなら便利なサイトです。

    第4位は「E」。血行を促進し、肌を酸化から守ります。


    おもに種子類、植物油に多く含まれており、身近な食品では魚卵、ハマチ、アユ、アーモンドなどがあります。
    ビタミンAとEは脂溶性なので、油と一緒に摂取すると吸収率が上がります。
    しかし尿や汗で排出されにくく、摂りすぎると過剰症になる恐れがあるので気を付けましょう。


    第3位は「B12」。



    細胞の増殖やDNA合成に関与しているほか、赤血球のヘモグロビン合成を促して貧血を防ぎます。
    貝類、レバー、卵黄、魚卵など動物性たんぱく質に多く含まれています。第2位は「B2」。

    脂肪の燃焼を促し、身体のエネルギー産生やさまざまな栄養素の代謝に関与しているほか、粘膜を保護し、細胞の再生を助けるとともに免疫力をアップさせてくれます。
    レバー、うなぎ、納豆、魚卵などに多く含まれています。


    第1位は「C」。


    肌の弾力を維持するコラーゲンを作るために必要であるほか、抗酸化作用やメラニンの生成を防ぐ効果があります。



    熱に弱いため未調理の果物や野菜に多く含まれています。


    特に多いのはいちご、キウイ、パプリカ、パセリ、ゴーヤなどです。
    ビタミンB12、B2、Cは水溶性なので、尿や汗で排出されやすく身体にためておくことができません。
    したがって、毎日必要なだけしっかりと取り続ける必要があります。
    ランキングに入っているものから1つ選ぶのもいいですが、まずはマルチビタミンで体の土台を整えてから必要なものを摂取するとより効果を実感しやすくなるのでおすすめです。